【米子市】「SUNNY-SIDE CAFE」築100年のレトロ可愛い古民家カフェ

米子市両三柳の居心地の良い古民家カフェ「SUNNY-SIDE CAFE」築100年のレトロ可愛いカフェです♡
カフェ・スイーツ
まーぼー
まーぼー

TORYライターのまーぼーです。
今回は米子市両三柳のカフェ「SUNNY-SIDE CAFE」に行ってきました。
弓ヶ浜公園から徒歩5分のレトロ可愛い古民家カフェです♪

この記事では、「SUNNY-SIDE CAFE」のお店の様子や注文したお料理の感想、店舗情報などをご紹介します。

「SUNNY-SIDE CAFE」の場所

「SUNNY-SIDE CAFE」の場所は、鳥取県米子市両三柳2672-1です。

国道431号線を日吉津から境港方面にまっすぐ進み、陸上自衛隊米子駐屯地を過ぎてすぐの交差点を左折。
二つ目の信号の手前左手に「SUNNY-SIDE CAFE」があります。

駐車場は自衛隊正門前バス停のところの空き地にあり、3〜5台駐車することができます。
少しお店と離れています。車で行く際は上記の2つ目の信号を通り過ぎると左手に見えます。

「SUNNY-SIDE CAFE」外観

正面から見た外観。

「SUNNY-SIDE CAFE」外観

横から見た外観。

駐車場案内

駐車場案内看板。

古民家を活かしたレトロを感じられる店内

「SUNNY-SIDE CAFE」は築100年の佇まいでレトロでおしゃれな店内です。
店内に入ると2人組、3人組、お1人のお客様が座っておられました。
外観から想像した通り、店内も古民家の雰囲気。
テーブル席やソファ席もあります。

店内の様子

店内の様子。

ピアノやギター、バイオリンなどの楽器やアンティーク風なテーブルやランプなどが置いてあり、照明も暗めで上品な雰囲気です。
ウッドデッキに繋がる窓から心地良い風が通り抜けています。
BGMはJAZZが流れています。

テーブル席

テーブル席。

大満足♡これぞ王道!なオムライス

お店のメニューにはオムライスやナポリタンなど定番洋食メニューから季節のケーキやパフェがあります。

メニュー

メニュー一覧。

今回はオムライスをドリンクセットで注文しました。
玉ねぎシャキシャキで噛むたびに気持ち良い音がします。
優しい卵とケチャップの酸味がなんだかお母さんを思い出すような懐かしい味。
これぞ王道のオムライス!こういうオムライス、こんな風に自分で作れるようになりたいです。
サラダはオニオンドレッシングです。
玉ねぎが粗ごしで贅沢感があります。

「オムライス」¥1,100

「オムライス」¥1,100

サラダ付き

サラダ付き。

これぞ王道オムライス!

これぞ王道!なオムライス。

おわりに

今回は鳥取県米子市両三柳の弓ヶ浜公園から徒歩5分のレトロ可愛い古民家カフェ、「SUNNY-SIDE CAFE」をご紹介しました。

お店の店長さんにオススメメニューを伺うと「全部です(照)」という可愛いご返答をいただきました。
私がパソコン操作しているとWi-Fiのパスワードを教えてくださったりと、とてもフレンドリーな優しい店長さんです。
店長さんは以前、松江のカラコロ広場のところで10年ほどカフェを営んでおられ、3年前に米子に来てこちらのカフェをオープンされたとのことでした。

まーぼー
まーぼー

他のお客さんが食べてるプリンやパフェもとても美味しそうでした。
次回はデザートを頂こうと思います。皆さんもぜひ足を運んでみてくださいね。
お昼時はお客さんが多いことが予想されますので、少し時間をずらして行くことをオススメします。♪

「SUNNY-SIDE CAFE」の店舗情報

所在地 鳥取県米子市両三柳2672-1

営業時間 11:30~17:00(L.O.16:30)
定休日 月曜日・第1・3日曜日、(その他SNSにて告知)
公式サイト
SNS
外部サイト
     

※本記事の情報は記事作成・更新時点のものです。最新の情報は直接店舗様にお問い合わせください。

※「時間や定休日が変わった」「移転や閉店」情報がありましたらお問い合わせフォームから一報ください。

▼最新のおすすめグルメ・お出かけ・お得なキャンペーン情報をお届け!
tory(トリー)公式Instagramの登録はこちらから

※写真の無断掲載・使用を禁止します。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP