【米子市】「珈琲舎en」100年以上の歴史ある蔵をリノベーションした蔵カフェ

【米子市】「珈琲舎en」100年以上の歴史ある蔵をリノベーションした蔵カフェ
カフェ・スイーツ
まーぼー
まーぼー

TORYライターのまーぼーです。
今回は米子市法勝寺町のカフェ「珈琲舎en」に行ってきました。
100年以上の歴史ある蔵をリノベーションした蔵カフェです♪

この記事では、「珈琲舎en」のお店の様子や注文したお料理の感想、店舗情報などをご紹介します。

「珈琲舎en」の場所

「珈琲舎en」の場所は、鳥取県鳥取県米子市法勝寺町22(善五郎蔵1F)です。

国道9号線を島根側から鳥取市方面にまっすぐ進み、市役所や米子市美術館を過ぎてすぐの交差点を右折。
信号を1つ直進して、突き当たりの左手に「珈琲舎en」があります。

外観

築120年の歴史ある三連蔵。

築120年の歴史ある三連蔵。

珈琲舎enの外観。

珈琲舎enの外観。

味のある木製の看板。

味のある木製の看板。

駐車場

お店の前に6台くらい駐車することができます。が、施設の他の店舗と共有みたいです。
満車の時は生田モータープール駐車場を利用すると1時間サービス券がもらえるそうです

蔵を活かした隠れ家的カフェ

「珈琲舎en」は白壁土蔵の蔵ををリノベーションした複合施設の1階に入っています。
築120年の歴史ある三連蔵には珈琲舎enの他に、お寿司やさん・眼鏡専門店など、個性的でこだわりのお店が集まっています。

築100年の佇まいでレトロでおしゃれな店内です。
店内は二階建てで、1階はカウンターが6席くらい、2階はお座敷でテーブル2卓ありました。

「2階は座敷席でゆっくりできますよ」と店員さんにお薦めしてもらったので、2階席に行かせてもらいました。

2階席は蔵の造りがよく体感出来る空間になっていました。
店員さんに聞いたところ、蔵の端から端まで1本の梁が貫いているそうです。
真ん中のテーブルには今日のメニューや物販のコーヒー豆などが陳列されていました。
コロナ禍で、距離を取るためにそうされたのかなあ、と思いました。

大きな梁が印象的です。

大きな梁が印象的です。

この座敷には靴を脱いで上がります。足を伸ばしてのんびりできる幸せ空間です。
いつまでもチル出来そうなで、うたた寝しないように気をつけました。(笑)
読みかけの本をゆっくり読んだり、友人とおしゃべりしたり、自由に過ごせそうな感じでした。

とっても丁寧な時間を過ごせる場所。

とっても丁寧な時間を過ごせる場所。

設備情報

Wifi…なし

電源…なし

座席(カウンター)…6

座席(小上がり)…2

チャイルドシート…なし

遊具スペース…なし

こだわりの珈琲をリーズナブルに

使用されている珈琲豆は珈琲豆本来の味を引き出す為に、直火焙煎機を使用し、丁寧に焙煎されています。

こだわりの直火焙煎珈琲はもちろん、鳥取県産の竹炭で焙煎した「竹炭焙煎珈琲」がオススメとのことです。
通常の珈琲よりゆっくりと焙煎されるため、より繊細な豆本来の苦味とコクを味わえるとのこと!

お店のメニューにはコーヒーの他に20世紀梨のジュースやホットケーキなどのスイーツがあります。
ブレンド¥350〜と、コーヒー専門店にしては嬉しい価格設定でした。

お店のメニュー。

お店のメニュー。

本日のメニュー。

本日のメニュー。

コーヒーの種類が豊富で迷いました。
暑いからアイスコーヒーがよく売れてるみたいです。

迷っていると「アイスコーヒーは豆の種類が選べないので、豆の種類を選びたいならホットという選び方もありますよ」とアドバイスいただきました。

今回はせっかくなので、今日の珈琲とケーキを注文しました。

チョコレートムースケーキと珈琲。

チョコレートムースケーキと珈琲。

今日のケーキはチョコレートムースケーキでした。
チョコレートムースがチョコスポンジでサンドしてあり、下の方にはアーモンドスライスも入っていて食感が楽しめました。

チョコたっぷりですが、ベタベタな甘さではありませんでした。
生クリームもちゃんとミルクの味がするのにフワッと口の中で消えてく感じで、意外と軽く食べられました。
というか、パクパク食べちゃってます。(笑)

自然と珈琲に手が伸びます。今日の珈琲はトラジャランテカルアという豆でした。
独特の苦味とコク、豊かな香りが特徴と説明がありました。
なるほど、苦味がマイルドで、少し酸味が効いてる感じが飲みやすいと思いました。

おぼんにはお店の名前が彫られていてかわいい♡

おぼんにはお店の名前が彫られていてかわいい♡

コーヒーカップまで和のテイストでお店の雰囲気にマッチ!

コーヒーカップまで和のテイストでお店の雰囲気にマッチ!

おわりに

今回は100年以上の歴史ある蔵をリノベーションした蔵カフェ、「珈琲舎en」をご紹介しました。

カウンターは常連さんが使うことが多そうです。2階の座敷席には心地良い話し声が下から漏れてきて、安心感がありました。
ゆったり落ち着きたい方は2階がおすすめです!ただ階段は割と急なので上るときは気をつけてください。

土蔵ならではの、温かみのある、隠れ家風な癒しカフェでした。お子さま連れの方も座敷席でのびのびできるのが良さそうですね!

まーぼー
まーぼー

鳥取県産の竹炭を利用した竹炭焙煎珈琲も気になりました。
地産地消にもつながりそうですし、次回は注文してみようと思います。
通販もされているようなので、ホームページをチェックしてみてくださいね♪

「珈琲舎en」の店舗情報

所在地 鳥取県米子市法勝寺町22(善五郎蔵1F)
営業時間 11:00〜17:00
定休日 木曜・日曜
駐車場 5台分程度
電話番号 080-1921-4563
公式サイト
SNS
外部サイト

※本記事の情報は記事作成・更新時点のものです。最新の情報は直接店舗様にお問い合わせください。

※「時間や定休日が変わった」「移転や閉店」情報がありましたらお問い合わせフォームから一報ください。

▼最新のおすすめグルメ・お出かけ・お得なキャンペーン情報をお届け!
tory(トリー)公式Instagramの登録はこちらから

※写真の無断掲載・使用を禁止します。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP