• HOME
  • ブログ
  • カレー
  • 【米子】「とり料理 さんぽう」創業54年の老舗とり料理屋さんが手掛ける話題のドライカレー

【米子】「とり料理 さんぽう」創業54年の老舗とり料理屋さんが手掛ける話題のドライカレー

カレー
TORY編集部
TORY編集部
こんにちは。TORY編集部です!

今回は米子市角盤町の「とり料理 さんぽう」を取材しました。

老舗とり料理やのドライカレーが話題とのことで調査してみました。

今回は米子市の角盤町にお店を構える「とり料理 さんぽう」を取材しました。

この記事では、「とり料理 さんぽう」のお店の様子や料理の感想、店舗情報などをご紹介します。

「とり料理 さんぽう」の場所

「とり料理 さんぽう」の場所は、鳥取県米子市角盤町1-72です。

米子高島屋の正面入り口から出て9号線沿いに米子市立山陰歴史博物館方面に進むと一つ目の交差点の角にお店があります

 

外観

お店の外観から老舗のお店であることがうかがえます。
週末には県外のお客さんがお店の前に列を作るほどの人気店です。

外観

お店の外観から老舗のお店であることがうかがえます。

駐車場

近くにひまわり駐車場があるのでそこに止めるといいですよ

店内の特徴・雰囲気

店内に入ると和式風の小上がり、カウンターに備え付けのテレビがあり懐かしさを感じる店内です。

開放的な店内

テーブル・カウンターそれぞれに仕切りが設けられており安心して食事ができそうです。

設備情報

Wifi…〇

電源…〇

座席(カウンター)…5席

座席(テーブル)…8席

座席(小上がり)…12席                                            

地元食材のおいしさを抽出することで生まれる絶品ドライカレー

お店のメニューは大山町の鶏はじめ地元食材を使うことにこだわっています。

今回いただくのはお店一番の人気メニューさんぽう風ドライカレーです。

とり料理屋でドライカレーが人気というのは珍しいですが、一般的なドライカレーとは全くの別物とのこと

さんぽう風ドライカレー(からあげ付き) 1540円

その人気の秘密は、なんと調理の際に水を使わないこと。地元の鶏と30種類の原材料を使い、水を使わずに鶏のうまみを抽出したドライカレーです。
こだわりの材料と確かな料理の腕が裏付ける絶品ドライカレーはお客さんが並んでまで食べたいのも納得です。

店長いわく「まずは食べほしい!」とのこと。

とり弁当(特)1540円(左)とミンチと玉子そぼろの三色弁当 1100円(右)

ドライカレー以外の人気メニューについて聞いてみたところ、ミンチと玉子そぼろの三色弁当やとり弁当も人気メニューとのことでした。

とり弁当は開店当初からある看板メニューで、たれはなんと開店当初から継ぎ足しをしているということでこちらもぜひ一度たべてみたいメニューです。

おわりに

今回は米子市角盤町の「とり料理 さんぽう」を紹介しました。

創業から今年で54年の老舗飲食店です。
地元の鶏を使った絶品料理は、県外の方に限らず鳥取ならではの味をたべたい方にオススメできます。

一度たべたらクセになるさんぽう風ドライカレーはぜひ食べていただきたいです。

TORY編集部
TORY編集部
twitterやfacebookで店長さんがお店の近況をみることができます。お店にはあの有名人の方も来店してたみたいです!?チェックしてみてください

「とり料理 さんぽう」の店舗情報

所在地 鳥取県米子市角盤町1-72


営業時間 ランチタイム: 11:00~15:00
ディナータイム:17:00~21:00
定休日 月曜日
駐車場 無し
公式サイト
SNS
外部サイト

 

※本記事の情報は記事作成・更新時点のものです。最新の情報は直接店舗様にお問い合わせください。

※「時間や定休日が変わった」「移転や閉店」情報がありましたらお問い合わせフォームから一報ください。

▼最新のおすすめグルメ・お出かけ・お得なキャンペーン情報をお届け!
tory(トリー)公式Instagramの登録はこちらから

※写真の無断掲載・使用を禁止します。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP